エステなどで受けられるフォトフェイシャルは、シミやにきび跡を消す効果があると言われています。お肌の表層に、メラニン色素が沈着すると、シミやにきび跡ができます。フォトフェイシャルは、色素のある部位に熱を集めてダメージを与えるものです。色素が沈着していたところはいったんかさぶたのようになり、新しい皮膚ができるに従って徐々にきれいな肌になります。フォトフェイシャルが反応するのは、メラニン色素のある部位です。しみやくすみの部分にだけ熱が集まり、肌の白いところには作用しないという特性があります。顔全体にフォトフェイシャルの光を浴びせても、色素のあるところだけ熱くなりますので、肌を傷める心配がありません。トラブルが起きていない部分の肌は、フォトフェイシャルの光が無反応であることも、シミ取りにフォトフェイシャルが有用な理由です。フォトフェイシャル後、肌がきれいになるまでには、1ヶ月くらいはかかると言われています。シミやくすみを完全に取り除くためには、定期的にフォトフェイシャルを受ける必要がある場合もあります。しみやくすみのないきれいな肌になるまでは、1回/月で5カ月くらい通い続けて、フォトフェイシャルを受けたほうがいい人もいます。エステの美容施術の中には、美容クリニックのフォトフェイシャルとは少し違うものの、よく似たコースがある場合もあるようです。肌への負荷を考えた場合、エステのフォトフェイシャルのほうが出力が抑え目で刺激が少ないので、肌トラブルの心配をする人にお勧めです。

お肌の赤みや、シミの解消に効果的な美容施術といえば、インテンスパルスライトという光を用いるフォトフェイシャルです。お肌にできるにきびを消したい時も、フォトフェイシャルは重宝します。フォトフェイシャルでにきびを悪化させるアクネ菌を殺菌し、にきびを減らしていきます。にきびの治りが早くなるように、フォトフェイシャルによってアクネ菌を減らすというものです。ダメージを受けた肌の回復効果を高めるために、フォトフェイシャルによって肌のターンオーバー助けることは意味があります。フォトフェイシャルはエステサロンで受けることもできますが、医療機関に比べて大抵の場合はパワーが低く設定されています。エステのフォトフェイシャルは、にきび解消効果が実感しづらいと感じている人もいるようです。お肌の状態が少しよくなるというくらいのフォトフェイシャルが、エステでの施術といってもいいでしょう。フォトフェイシャルでにきびを減らしたいという人は、病院で診てもらったほうがいいでしょう。お肌の症状か深刻なら病院に行って必要な施術を受けたほうがいいですし、病院でのアドバイスを受けることもできます。フォトフェイシャルで肌の症状が悪くなった場合でも、医者がいてくれるなら、とても安心です。にきび改善のためにフォトフェイシャルを受ける場合には、事前のカウンセリングで費用や回数について説明を聞いおくことも大切です。